新患を集めても歯科医院の予約が埋まらない? | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
新患を集めても歯科医院の予約が埋まらない?

(2020年1月21日 1:43 PM更新)

歯を悪くしてから治療するよりも予防が大切。

 

私たち歯科医師にとっては当たり前ですね。

 

しかし、時間をかけて真剣に説明しても
素直に継続通院してくださる患者さんは
意外と増えません。

 

私も予防の重要性をお伝えしていましたが
メインテナンスの継続率はほぼ50%でした。

 

何とかして、継続率を上げるために
リコールハガキの文面やイラストを工夫し、
宛名を患者さんに書いてもらったりしました。

 

それでも効果が見られないので、
予防の患者さんが増えそうなセミナーに出席。

 

メインテナンスの患者数が多い歯科医院には
たとえ県外でも見学に出かけました。

 

さらに、医院全体のレベルアップを目指して
スタッフと一緒に学会やスタディグループに
参加して勉強。

 

初診時には、口腔内規格写真を撮影して、
患者さんの思いをしっかりと把握するために
カウンセリングにも十分な時間をとりました。

 

動機づけのために、高額な説明用アプリや
唾液検査のシステムも導入したのです。

 

このような努力と投資を10年以上続けたのに
予防の継続率は50%前後のまま改善せず、、、

 

「予防を根付かせるのはこの地域では無理かな」
と感じた私は、新規の患者さんを増やすのに
力を集中することにしました。

 

対応できる治療法・分野を増やせば
患者さんは増えるはず、と考えたのです。

 

「腕が良ければ患者さんが集まってくれる」
と信じて多くのセミナーに出席しました。

 

1年間の長期コースにも通ったものです。

 

しかし、どれだけ勉強し続けても
患者さんが増える気配はありません。

 

そこで、医院の様子を紹介するために
ホームページを作って公開しました。

 

当時は、Webで情報発信をする医院が少なく、
HPがあるだけで患者さんが集まったのです。

 

しかし、来院しても治療を中断する方が多く、
キャンセル率も上がってしまいました。

 

追い打ちをかけるように、他の歯科医院も
ホームページを作るようになると
新患数はあっという間に減少したのです。

 

HPを他の医院よりも目立たせるために
ネット広告等の業者に依頼しても、
料金が高い割には来院にはつながりません。

 

Web予約が入っても無断キャンセルばかり、、、

 

さらに、有料の口コミサイトと契約したら
紹介料が高価で続けらなかったのです。

 

医院を上向かせようと精一杯の努力をしても、
患者数は減り予約の空欄は増えるばかりでした。

 

こうなると、経費の支払いも厳しくなってきます。

 

経費削減のために、技工物を自作するようになり
残業続きで帰宅するのは毎晩10時過ぎ。

 

さらに、休診日はアルバイトで稼ぐために
他県の歯科医院に泊りがけで出張しましたから
家族と過ごす時間はほとんどなくなりました。

 

それでも生活費が足りなくなって、
生命保険を解約せざるを得なくなったのです。

 

この時の、妻の不安げな表情は忘れられません。

 

その後、継続して通院される患者さんの割合、
つまり、リコール率の改善に集中して
患者さんが増え続ける歯科医院を実現しました。

 

 

 





歯科医院の予約が埋まる『増患メソッド』
 無料メールマガジン配信中!!

「増患メソッド」セミナーのレジュメと参考資料をお送りします。

一ヶ月先まで予約が埋まる「増患メソッド」

ライバル医院が増え続ける地域で開業した松田歯科医院が3年間で254名の増患に成功!
予約をいっぱいにした増患メソッドをお伝えする予防歯科セミナーのエッセンスが手に入ります。

「増患メソッド」セミナーのレジュメと資料を希望される先生は、メールアドレスをご記入後[レジュメ希望]ボタンをクリックして下さい。



前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る