新人スタッフが医院の仕事を覚えない | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
新人スタッフが医院の仕事を覚えない

(2019年12月11日 1:29 PM更新)

「最近の新人は仕事を覚えなくて困る。」

院長先生から、このような悩みを
相談されることが増えてきました。

 

器具の準備から診療の様子まで、
先輩スタッフが実演して説明しているのに。

 

ただ聞いているだけでメモすら取ろうとしない。

 

なのに、仕事をやらせて失敗すると落ち込んで、
翌日は体調が悪いということで欠勤。

 

その後、出勤しても口数が少なくなり、
欠勤を繰り返したあげくに「もう限界です」と
LINEのメッセージだけで退職。

 

このようなパターンが多いようです。

 

新人の早期退職を経験された先生方からは、
下のようなご意見をいただきました。

 

・家族が面倒を見るから収入がなくても平気

 

・怒られた経験がないので打たれ弱い

 

・恵まれすぎているので仕事を選り好みする

 

物や情報があふれる時代で苦労がなく、
情熱や忍耐力に乏しい若者、
というイメージですね。

 

確かに、「ゆとり教育」の弊害などが
指摘された時期もありました。

 

しかし、10年近く前にゆとり教育は終わって
学校で教わる内容は増加しています。

 

最近は、スポーツや将棋・囲碁の世界でも
10代の若者たちが大人を上回る活躍をして
報道されることも増えてきました。

 

当院で実習を行った歯科衛生士学校の学生も、
真面目で勉強熱心な子が多かった印象です。

 

ただ、彼女たちが共通して苦手とするものが
ありました。

 

それは、「失敗」と「孤立」です。

 

そういう意味で打たれ弱いのは事実ですが、
周囲への気遣いができるところは
長所とも言えるでしょう。

 

新人世代にとっては、仕事の役に立てずに
足手まといになっている状況が
大きなストレスになります。

 

できる仕事が少ないため手持ち無沙汰になり、
院内での居場所がなくなるのが
耐えられないわけです。

 

そこで、新人に孤独を感じさせないために、
年齢の近いスタッフを教育係にするのは有効。

 

それでも、教育係が
ずっと指導にかかり切りになれるわけでは
ありませんね。

 

なので、新人が「孤立」した状況を無くすのは
なかなか実現できません。

 

そこで、新人世代が慣れ親しんでいるツールで
学習してもらって、「失敗」と「孤独」を
できるだけ減らそうと考えたのです。

 

若い人たちが初めての場所に行く前には、
ネットで地図を表示して経路を選択します。

 

同様に、初めて行う作業の準備、手順も
ネットで調べますが、この場合は地図ではなく
動画で作業内容を確認するのです。

 

代表的な動画投稿サイトのYoutubeには、
数多くの趣味の実践方法から家電の修理まで、
様々な作業の動画がアップされています。

 

おかげで不慣れな作業は動画で勉強するのは
若者にとって当たり前になっているようです。

 

趣味や日常生活について調べるだけでなく、
歯科医院で行う治療や業務を覚えるために
ネットで検索される件数も増えてきています。

 

歯科のスタッフ以外は興味がわかない動画でも、
Youtubeでは数万回も再生されているのです。

 

ただ、撮影機材の準備が大変そうですね。

 

しかし、新人に勉強してもらう目的でしたら、
スマホやタブレットで撮影した動画で十分です。

 

撮影した動画をYoutube等にアップするのも、
スマホであればほとんど手間がかかりません。

 

動画をYoutubeにアップすることで、
新人スタッフは空き時間や帰宅してからでも
動画を繰り返し見て練習できます。

 

さらに、動画の説明用のスペースに
マニュアルの内容を入力すれば、
文字と動画の両方で学習してもらえます。

 

(一般の方が閲覧する可能性がありますので、
内容に注意は必要になります)

 

動画を撮影する際の準備や手間はかかりますが、
診療等で忙しい先輩スタッフが新人を教育する
負担を減らせるのは大きなメリットです。

 

何度も同じ作業を実演する必要がなくなるので、
当院のスタッフは喜んで動画を撮りためています。

 

撮影にも慣れてきましたので、
診療の合間に手がすいた時間でも
動画を作成できるようになりました。

 

新人スタッフも使い慣れたスマホで
繰り返し勉強できますので、
周囲に気兼ねするストレスを減らせます。

 

スマホで動画を撮影すれば、簡単に短時間で
Youtubeに掲載できる時代になりました。

 

若い世代はYoutubeでハウツーを探すのが
当たり前になっています。

 

使い慣れたツールで勉強できる環境を
用意してあげれば、失敗を減らして
成長する時間も短縮できるでしょう。

 

新人スタッフはもちろん、
教育する側の負担や時間も節約できますので
お勧めです。

 

 

 

 

『患者さんを本気にさせる予防歯科』セミナー

 

歯科医院の方向性を決めかねている院長先生は必見です!

 

今回、歯科医師・スタッフのスキルアップと
患者さんへの説明の仕組み化に必要な知識を
一日で学べるセミナーを企画しました。

予防歯科を目指し右肩上がりに成長されている

先生方から生の体験談を伺うチャンスです。

ぜひ信頼されているスタッフの方との受講をお勧めします!

 

1.これならうちの医院でもできる!

 ~DHと作る歯周治療~

 

歯周治療をやるには仲間の存在が不可欠ですね。

日本歯周病学会の指導医・専門医から

信頼できるスタッフを育てる秘訣をお聞きします。

 

講師 南崎信樹 先生(山口県荻市)

2.3年でメンテナンス200名 増患メソッド!

 ~集患のアレコレ!実体験のお話~

 

近くにライバル医院が!
レセプトが10年で1/3に!?
閉院を考えたのに3年で200名の増患
その秘密は?

 

講師 松田拓己 先生(新潟県新潟市)

 

3.普通の予防歯科で右肩下がりからU字回復の理由は!?

 

普通にチョット上の歯科医院を目指すには
先生が患者さんを理解することです。

沢口由美子先生と一緒に医院を改革された

歯科臨床のエキスパートから
貴重な経験を教えていただきます。

 

講師 福島大介 先生(東京都中央区)

 

4.歯科衛生士の育成法

 

院長先生!予防に意欲を持つ

歯科衛生士の育て方を

沢口由美子がお伝えします!

 

講師 沢口由美子 先生(フリーランス歯科衛生士)

 

日時 2020年3月15日(日) 10:00~16:00

 

場所 きゅりあん(品川区立総合区民館)6階 大会議室
東京都品川区東大井5-18-1
JR大井町駅 徒歩1分

 

定員 80名

 

参加費 1名につき 18,000円(税込) 【昼食付】

同医院から2名以上参加される場合は割引があります。
1名につき 15,000円(税込) 【昼食付】

 

お申し込み・お問合せ

https://dh-sawaguchi.com/pmtc/

 

開催日は[2020年3月15日 (東京)]をお選びください。

 

 





歯科医院の予約が埋まる『増患メソッド』
 無料メールマガジン配信中!!

「増患メソッド」セミナーのレジュメと参考資料をお送りします。

一ヶ月先まで予約が埋まる「増患メソッド」

ライバル医院が増え続ける地域で開業した松田歯科医院が3年間で254名の増患に成功!
予約をいっぱいにした増患メソッドをお伝えする予防歯科セミナーのエッセンスが手に入ります。

「増患メソッド」セミナーのレジュメと資料を希望される先生は、メールアドレスをご記入後[レジュメ希望]ボタンをクリックして下さい。



前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る