歯科医院の「ブログ増患」成功法 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院の「ブログ増患」成功法

(2018年12月9日 9:16 PM更新)

患者さんが来院するブログ記事

 

松田歯科医院でメインテナンスと歯科治療を担当する

歯科医師の松田拓己です。

 

ホームページで患者さんを集めるには
ブログを書くのが効果的、というお話は
何度か聞かれたことがあるかも知れません。
増患の相談をいただいた際には、わたしも
必ずお勧めしています。
でも、ブログの話題が出ると多くの先生は
「どんな記事を書けばよいのか分からない
ので気が進みません」とおっしゃいます。
正直言って、必ず患者さんが来院される
と断言できる
ブログの書き方は存在しないでしょう。
しかし、実際に患者さんが閲覧されて
来院に結びついている記事の実例なら
ご紹介できます。
一つの例として、「患者さんの深い悩み
を解決できる記事」があげられますので
ぜひ御覧ください。
https://03auto.biz/clk/archives/wenobg.html
お読みいただければ、
「えっ、これだけでいいの?」
と感じていただけるはず。
このブログをお読みいただいている先生には、
ぜひ増患を達成していただきたい
と願っております。

 

検索順位に左右されないブログ

 

先程ご紹介した松田歯科医院のブログは
一つの記事だけで毎月200件前後のアクセスが
あります。
https://03auto.biz/clk/archives/wenobg.html
お読みいただければ分かりますが、比較的
珍しい症状について紹介した記事ですので
どちらの医院でも書ける内容ではありません。
しかし、記事の文章自体は教科書レベルの
知識があれば書けるはず。
同業の歯科医師が読めば
「えっ、これだけ?」
と感じるようなブログです。
つまり、患者さんを集めるためにブログを
書くなら、他の歯科医師が感心するような
記事は必要ありません。
増患に役立つブログ記事の条件は
・患者さんの悩みを解決できる方法
・先生が得意な分野の治療
・先生ご自身の人柄
上記の3つの項目のうち、どれか一つが
しっかりと書かれていること。
わたしがコンサルティングを行う際に
最初にお勧めするのは、院長先生が
最も得意な治療に関する記事です。
これまでに最も大きな成功を収めた
歯科医院では、有床義歯の記事だけ
を書いていただきました。
「他の治療分野も十分できています」
と仰いましたが、先生が情熱を持って
書ける記事だけにするのが大切。
ご自分が最も得意で、勉強を重ねて
こられた有床義歯に関してなら
診療のすきま時間でも記事は書けます。
むしろ、患者さんに感謝された言葉を
忘れないうちに入力できるのは
メリットかも知れません。
地道にブログを書き続けられた結果、
「地域名+入れ歯」の検索結果では
常に10位以内に表示されています。
最近は、医療機関の検索順位が
目まぐるしく変わっていますが
影響はほとんど受けていません。
そして、検索順位の影響を受けない、
という意味では「先生のお人柄」が
伝わる記事は別な強さを持っています。
「別な強さ」とは、検索の上位に
表示されなくてもアクセスが集まる
ということ。
そんなことがあるわけないだろう??
と感じられるでしょうが、
詳細については次段でお伝えいたします。

 

面白いブログの書き方

 

前段では、「先生の人柄」が伝わる
ブログを書ければ、検索順位に関係なく
読者を増やせます、とお伝えしました。
人柄が伝わる文章を書くには、先生の信念や
親しい方とのエピソード、好きなもの・嫌い
なもの等について表現する必要があります。
このようにお話すると、ご自身の趣味や
外で食事をされた写真をアップし続ける
院長先生もいらっしゃいます。
日記の代わりにブログを書いているような
状態ですが、これだけだと読者が増える
可能性はほとんどありません。
「ブログなんて書いても読んでもらえない」
と仰る先生にありがちですね。
確かに、「ゴルフや旅行に行ってきました」
「昨日はイタリアンを食べて美味しかった」
のような文章だけでは興味がわきません。
もちろん、旅行記やグルメ本に匹敵する
ような内容を書ければファンは増えるはず
ですが、誰でもできることではないですね。
コンサルティングを受けていただいた先生
が1日で100件以上のアクセスを集められた
記事の内容は特別なものではありません。
このメルマガを読んでいただいている
院長先生なら一度は体験されたことのある
出来事について書かれています。
検索順位が低くても多くの読者に読まれた
記事には、「予約のキャンセルは困ります」
と先生の感情がさらけ出されていました。
無断キャンセルを繰り返す患者さんに
対して、不満がたまっていたそうで
その思いをブログに表現されたのです。
・連絡してもらえれば他の患者さんを診察
できたはず
・他の業種であればキャンセル料が発生する
・本来得られたはずの収入がなくなる
・連絡を入れるのは最低限の義務
上記のように、なかなか思っても言えない
ようなことを、感情を込めて表現されて
いました。
日頃は温厚な先生なので、かなり不満が
たまっていたのだと伝わってきます。
先生は、このブログをSNSにもシェア
されましたので、「いいね」が増えて
多くの読者に届きました。
つまり、先生の心の動きや感じ方が
「目の前で話しているように」伝わる
記事はSNSで広がりやすいということ。
もちろん、いつも激しく感情がゆらぐ
という方は少ないはずなので、日頃は
患者さんに役立つ情報発信を心がけ
ましょう。
実際、「キャンセルは迷惑」という記事
をアップするかどうか?こちらの先生も
かなり悩まれたとのこと。
喜怒哀楽がバランスよく表現されている
ことが、ブログだけでなく、人としての
魅力にもつながりそうですね。

 

ブログで増患するメリットは?

 

多くの人に読んでもらえるブログを書いて
ホームページのアクセスを増やせた歯科医院
についてご紹介してきました。
ホームページの訪問者を増やすだけでしたら
Web広告を使用したり、検索順位を上げる
業者に依頼する方法もあります。
しかし、ネットの広告費は年々高騰しており
費用の割には来院者が増えないため
利用者は減少傾向。
また、検索順位を上位にする代わりに
患者さんから電話がかかってくるたびに
数千円も請求されるサービスもあるそうです。
ブログの場合は、記事をご自分で書いて
いただけば費用はほぼかかりません。
無料ブログを利用すれば経費は0ですが、
予告なしに記事を削除あるいはサービスが
終了するリスクがあります。
そのため、オウンドメディアとして
WordPress等で運用されるのがお勧め。
オウンドメディアであれば、先生が
望まれる限りブログを掲載可能。
もちろん、既存のホームページの内部に
ブログを設置できれば、記事が増えると
ともに検索順位の上昇が期待できます。
わたしが最大のメリットと考えている
のは、一度書いてしまえば数年間に
わたって患者さんが集めてくれるところ。
こちらについては、以前もご紹介
しましたね。
https://03auto.biz/clk/archives/wenobg.html
他にも、先生が得意とされる分野の記事を
上げ続けることで、その治療の第一人者
として認知されるのは大きなメリット。
ブログを読んで来院される患者さんは
すでに先生を信頼されていますので
自費診療を希望される方が増えます。
次段では、自費でレジン修復を希望される
患者さんが増えた記事をご紹介いたします。

 

自費のレジン修復が増える記事

 

自費診療を増やしたい場合、セラミック修復や
インプラント・金属床義歯等の補綴治療を
選んでもらうのが主体となりますね。
矯正治療も自費診療の対象となりますが
専門の診断力・技術・器材が必要なので
医院への導入は簡単にできません。
松田歯科医院では、コンポジットレジン
を使用する自費治療を希望される方が
ブログ経由で毎月来院されます。
日常的に使っているCRのみで自費診療
を行いますので、導入のハードルは低く
外注技工費も発生しません。
このようにメリットの多い
自費のCR修復を希望する患者さんを
増やしている記事がこちらです。
https://03auto.biz/clk/archives/jorqqt.html
歯科医師にとって、CRは価値を感じづらい
材料ですが、患者さんの悩みや希望に沿って
情報提供すれば自費の症例が増えるのです。
症例写真や自費診療の案内をWebに掲載して
問題がないのか?
と感じられるかも知れません。
以前は、ホームページでの表現については
グレーでしたが、2018年の6月に発表された
『医療機関ホームページガイドライン』で
明確な基準が示されました。
このガイドラインに沿って記載すれば
ブログでも症例写真や自費診療の案内を
掲載できるのです。
自院で運用するオウンドメディアとして
ブログを作ってありますので、半永久的に
自費の患者さんを呼び続けてくれます。
ブログを早めに始めることができた幸運を
味わいながら、自費のレジン修復を行って
います。

 

二時間かけても通いたくなる歯科医院へ

 

「ブログを書けば患者さんが増える」
という話をお聞きになった経験をお持ちの
先生は多いと思います。
患者さんに喜んでもらえるブログを書いて
読んでもらえれば、先生の治療を受けたくて
来院される方は間違いなく増えるはず。
しかし、先生の趣味や食べ歩きの報告だけ
では、患者数の向上は期待できません。
逆に、「この歯科医院なら大丈夫!」と
感じていただければ、市外あるいは
県外からでも通っていただけます。
これは、松田歯科医院だけでなく、
コンサルティングを受けていただいた
歯科医院でも実現できました。
ブログで成果を出せる医院と出せない医院
を分けるただ1つの要素は、
「ブランディング」を意識することです。
先生の歯科医院は他の医院とは明らかに違う
と、患者さんに感じてもらえれば
二時間以上かけても通院してもらえます。
歯科医院の「ブランディング」については
先生の考え方や理念、医院の環境等に沿って
方向性を決定するのが重要。
そのため、コンサルティングを受けて
いただいた先生以外にお伝えするのは
控えていました。
しかし、やみくもに患者さんを集めても
ミスマッチのために治療の中断が増えて
増患を達成できない悩みをよくお聞きします。
このような状態は、歯科医院だけでなく
患者さんにとっても不利益となるので
解決方法を模索してきました。
歯科医院の「ブランディング」には
先生ご自身の気持ちや治療にかける情熱を
伝え続けるのが必須となります。





『一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科』
 無料メールマガジン配信中!!

今なら、「増患型予防歯科」導入セミナー(全7回)無料で受講できます。

一ヶ月先まで予約が埋まる「増患型予防歯科」

地方都市新潟の郊外で開業している松田歯科医院が、3年間で254名の増患に成功し、一ヶ月先までアポイントを一杯にした増患型予防歯科の導入方法をメールセミナー限定動画でお伝えします。


「一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科」導入セミナーの受講を希望される先生は、メールアドレスをご記入後[セミナーを受講する]ボタンをクリックしてご登録下さい。



前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る