患者さんが歯科医院に来たくなる理由とは? | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
患者さんが歯科医院に来たくなる理由とは?

(2017年1月20日 5:09 PM更新)

ホームページで歯科医院に集患できる時代は終わった?

[ 歯科 増患.com ] を主催しております

松田歯科医院の院長 松田拓己 です。
新規の患者さんが少ないと悩んで

いらっしゃる院長先生とお話し

していると

「ホームページを作ったのに

まったく反応がありません・・・」

と仰る方が多いのに驚かされます。
10年以上前であれば、ホームページを

持っている歯科医院は珍しかったので

「ホームページを見た」だけで

来院される患者さんもいらっしゃいました。

 

しかし、スマートフォンの普及とともに

Webで集患するのは常識となって

しまいました。

 

これは、ホームページを持っている

歯科医院が増えたことが理由ではなく

「どこかに出かける前には

まず、スマホで確認する」ように

行動する人が多数派になったためです。

 

このような時代に患者さん不足で

悩まないようにするためには、

反応を取れるホームページを持つ

ことは必須となります。

 

もし、これからホームページを

作成される、あるいはリニューアル

を考えていらっしゃる先生は、ぜひ

『Webで集患するために重要な3ポイント』

を意識してください。

①HPを見つけてもらう(SEO対策やネット広告)

②HPをしっかり読んでもらう(読みやすさ、スマホ対応など)

③貴院を選んでもらう(競合優位性、選ぶ理由があるか?)

 

①、➁はホームページ作成会社を選ぶ基準

として考えていただけばよろしいでしょう。

 

ホームページで集患できない場合、

歯科医院側が注意する必要があるのは

➂の項目です。

 

ここを強化するだけで患者さんの反応は

まったく変わってきますので、

しっかり練り上げましょう。

 

万が一、➂に当てはまる内容を思いつかない

としたら、患者さんに直接お聞きすることに

なります。

 

先生は、➂に当てはまる「貴院の強み」

をいくつ挙げられるでしょうか?

今なら無料メルマガ登録で「リコール率改善マニュアル」プレゼント!

患者さんが歯科医院に来たくなるホームページ

HPで集患することがほぼ常識となった

時代では、下記の

『Webで集患するために重要な3ポイント』

が最低限必要となります。

①HPを見つけてもらう(SEO対策やネット広告)

②HPをしっかり読んでもらう(読みやすさ、スマホ対応など)

③貴院を選んでもらう(競合優位性、選ぶ理由があるか?)
①、➁についても、歯科医院側で努力すれば

改善していけますが、基本的にはHP制作会社

の能力が最も影響します。

 
逆に、➂は先生ご自身が把握されていないと

制作会社では掲載できません。
「他の歯科医院と比べて、特別優れている

技術や特徴などありません」

と謙遜される先生もいらっしゃいますが、

この言葉で新規の患者さんが来院する気持ち

になることはほとんど期待できません。
もしも、「他より優れているところがない」

という理由で来院される方がいたとしても

先生にとってありがたい患者さんになる

可能性はほぼ0でしょう。
どうしても、先生自身の強みがわからない

場合は患者さんに教えていただくのが

一番確実です。
長年通い続けて下さっている方や、

先生の得意な分野の治療を受けて

結果に満足されている患者さんの

お名前を思い出してみてください。
お名前や顔を思い浮かべただけで、

開業して良かったと思えるような

患者さんが理想的です。
このように先生のモチベーション

をアップしてくださる方々が

感じている医院の強みを掲載すれば

ホームページは非常に強力な集患の

ツールとなります。
ここで問題となるのは、

患者さんに歯科医院の強みを教えて

くださいとお願いしても、具体的な

答えが返ってくる可能性が非常に低い

ことです。
患者さんがぼんやりと感じている

医院の魅力を、端的な言葉で

表現してもらうためには

以下のようなアンケートを

実施してみましょう。

『集患できるホームページ作成アンケート』

①当院に通われる前にはどのようなことで困っていましたか?

➁当院に通おうと決められた理由を教えてください

➂当院の治療を受けられてどのような変化がありましたか?
上記の3つの項目に対する答え

を集めれば、確実に集患できる

ホームページを構築できます。
ぜひ、実践してみてください。

 

今なら無料メルマガ登録で「リコール率改善マニュアル」プレゼント!

 

患者さんにアンケート用紙を記入してもらえない・・・

[ 歯科 増患.com ] を主催しております

松田歯科医院の院長 松田拓己 です。
臨床に携わるようになって数年経つと

患者さんから感謝の言葉をいただく

ことがあると思います。
先生は、今までにどのような表現で

感謝された経験をお持ちですか?
患者さんとの会話をメモし続ける

ことが可能なクリニックは少ない

はずなので、

患者さんの言葉を一言一句まで

正確に覚えていることは困難です。
Webで検索して歯科医院を探している

患者さんに先生のクリニックの

ホームページを見つけてもらうためには、

「患者さんが使う言葉」で

検索結果の上位に表示される

必要があります。
そのため、患者さんにお勧めしたい

治療内容と「患者さんの解決したい悩み」

や「患者さんが求めている未来像」

を結びつけることが重要なのです。
具体的な例をあげると、

審美的な歯冠補綴(オールセラミック等)

を紹介しているページなら

「差し歯が黄色い」

「自然な歯が欲しい」

「銀歯が目立つ」

「写真を撮るとき笑えない」

という思いを抱えている患者さんに

見つけていただきたいわけです。
上記の患者さんの「思い」が

ホームページを検索する際の

キーワードとなりますから、

われわれ歯科医療従事者が

日頃使っている専門用語でなく

患者さん自身の言葉を

正確に反映することが重要なのです。
そのためには、

患者さんが日頃使われている言葉

で先生の歯科医院の魅力を表現

していただき記録する必要があります。
前段でご紹介した下記の

アンケートの重要性はご理解

いただけましたでしょうか?

『集患できるホームページ作成アンケート』

①当院に通われる前にはどのようなことで困っていましたか?

➁当院に通おうと決められた理由を教えてください

➂当院の治療を受けられてどのような変化がありましたか?
診療所に通ってくださる患者さんの

 

 

人数を安定して増やしていきたいと

願っていらっしゃる院長先生の

コンサルティングを行っていると、

「アンケートをなかなか書いて

いただけません・・・」という

悩みをよくお聞きします。
チェアサイドでアンケートを

記入していただくのは、本人が

特定されるので尻込みされる

方が多いようです。
時間のない院長先生にとっても

アンケートの記入をお願いする

のは負担となりますし、スタッフ

から患者さんへの依頼は断られる

確率が高くなります。
アンケートにできるだけご協力

いただくためには、返信用のはがき

を封筒に入れて「無記名でも可」

であることを明記して郵送する

のが効果的です。
ぜひ、一人でも多くの方に郵送して

「患者さんの言葉」を集めてください。

 

先生の歯科医院の’強み’を掴んだあとは、
確実に患者さんに届けるツールが必要です

くわしくはこちら

valueseed




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る