『患者さんが来ない日に歯科医院で過ごす先生』 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
『患者さんが来ない日に歯科医院で過ごす先生』

(2017年1月12日 11:31 PM更新)

休日出勤の理由

 
[歯科 増患.com]を主催しております

松田歯科医院の院長 松田拓己 です。
 
 
先生のクリニックは何曜日に休診されますか?
 
あるいは、日曜・祝日も診療日に設定されて

いますでしょうか?

 
 
このメルマガをお読みいただいている先生は

ご自分のクリニックで診療されている方が

大半だと思いますので、診療をお休みされる

日は決まっているはずですね。

 
 
開業されて4,5年経つ先生から、患者さんが

あまりに少なくて休日はどこにも出かけずに

診療所で過ごしていますと相談を受けたことが

あります。
 
 

売上が思うように上がらないために、

診療後や休診日に技工をご自分で行って

経費削減を図っていらっしゃる先生

のお話しは時々耳にします。
(わたしも患者数が激減した時期はそうでした)
 
 

相談を受けた先生も技工をされていましたが、

次の週のアポイントがまばらで

技工物を作る必要がない週末でも

診療所には出かけているそうなのです。
 
 

特に用事もないのに、

休みの日に診療所で過ごすのはどういう理由なのか、

お聞きしたところ非常に言いづらそうに

「患者さんからの電話を待っているんです」

とお答えになりました。

 
 
ちょっとびっくりして

「そこまでして、急患に対応されている

のですか?」

とさらに質問してしまいました。
 
 

「そうなんです。

電話がならない時も多いのですが、急性症状

を我慢できなくて他の医院に転院されるのが

こわいのです。」

 
 
つまり、元々少ない患者さんが休日診療を

行っている歯科医院に流出する、

あるいは新規の患者さんが休日にかけてきた

電話を逃さないために、

休診日でも出勤されていたのです。
 
 

「患者さんはありがたいかも知れませんが、

先生の趣味やご家族と過ごすための時間は

とれているのですか?」

 
 
「いえ、家族と一緒に出掛けたりすることは

ほとんどありませんし、趣味のスポーツは

開業以来ほとんどやれていません。」

 
 
こちらの先生の開業地は

ターミナル駅の近くで歯科医院は過密状態、

診療所はビルの二階なので

通りを歩いている方には見つけづらい位置です。

 
 
条件の良い立地とは言えませんが、

先生は明るく気さくな方で

スタッフとの連携は良好、

歯科診療にかける情熱は熱く

しっかりと研修もされています。

 
 
「先生のお人柄や臨床を大切にされる

姿勢が伝われば患者さんは増えるはず

ですよ。
 
患者さんに先生のことを知ってもらう

ための対策は考えていらっしゃいますか?」
 
とお尋ねすると
 
 
「何とかしなきゃと悩んでいまして

幾つか案はあるのですが・・・」

ということでした。

 
 
患者さん集めに悩んでいる先生の出した

案については、次段でお伝えします。

 

今なら無料メルマガ登録で増患型予防歯科ガイドブック」プレゼント!

 
 

患者さんはどこからいらっしゃいますか?

 

患者さんからの電話を逃したくない一心で

休診日もクリニックで過ごしているという

院長先生のエピソードを続けます。

 
 
予約を埋めるのに十分な人数の患者さんが

平日の診療時間内に来院されれば、

休みをつぶして電話番をする必要は

なくなります。

 
 
院長先生をはじめとして、スタッフの

皆さんは患者さんに思いやりを持って

接しており一定レベルのスキルや

知識をそなえていらっしゃいます。

 
 
「自分で言うのは恥ずかしいのですが、

治療のスキルを上げて

患者さんに満足していただけるよう

研修には毎月のように出かけています。
 
スタッフもわたしの診療方針を理解し、

お互いに信頼しあっていますので

院内はよくまとまっています。
 
患者さんが来院さえして下さったら

きっと喜んでもらえるはずなのです。
 
このビルの前には駅から繁華街へ通じる

広い歩道がありますので、

クリニックの外壁をきれいに塗り直して

階段の上り口に目立つ看板を設置

しようと考えています!」
 
と院長先生は今までに考えていらっしゃった

集患のアイデアを早口で教えて

くださいました。
 
 

「確かに、こちらのクリニックは駅から近い

強みはありますが、歩行者が気づきづらい

場所ですね。
 
口コミや紹介などで来院される方も

階段の上り口で不安になる雰囲気なので

改善される余地はありますね。
 
他にはアイデアをお持ちですか?」

と、さらにお聞きしてみました。

 
 
院長先生は即座に

「地元の新聞社が発行している生活情報誌

に医療機関を紹介する有料の広告枠がある

そうなので、掲載を考えています。」

と答えてくださいました。

 
 
「医療機関が広告を掲載できる方法は

限られていますから、試してみる価値は

あるかも知れませんね。
 
一回の掲載で何名程度の集患実績があるか、

掲載できる内容に制限はあるのか確認

されましたか?」
 
とお聞きすると
 
 
「掲載できる内容は、所在地と診療日時、

診療科目、院長名、電話番号くらい

だそうです。
 
一回の広告で何名来院されるかは、

聞いていません・・・」
 
というお返事でした。
 
 

「最近は紙媒体の集患は成果が出づらい

場合が多いので、慎重に検討して下さい。
 
最低限、予診票にどの媒体をご覧になって

患者さんが来院されたのか、記入欄を

設けてください。
 
Webでの集患は考えていらっしゃらない

のでしょうか?」
 
 

「予診票の方はすぐに修正します。
 
ネットの口コミサイトで中傷に近い内容

を掲載されたことがあるので、あまり

利用したいとは思いませんね。」
 
 

「そうですか。
 
幾つか案を出していただいたので、

早速行動してください。
 
まず、何から始められますか?」

 
 
「ビルのオーナーに改装について

相談して、新聞社には広告の件を

確認します。」
 
 

「わかりました。
 
また、経過をお聞きするのを楽しみ

にしています。」
 
 

相談を受けてから、しばらくして

院長先生から連絡をいただきました。

 
 
患者さんが増えてきましたという

報告を期待していましたが
 
「もう、だめです。
 
何をやっても上手くいきません・・・
 
開業したのが間違いだったかも

知れません。」
 
と、ずいぶん悲観的な報告です・・・
 
 

「どこがどう上手くいかないのか、

順を追って教えてください。
 
広告は出稿されなかったのですか?」

 
 
「生活情報誌にはかなり目立つ広告

で掲載してもらったのですが、

患者さんは一人もいらっしゃいません。」
 
 

地方紙とはいえ、新聞社が発行している

雑誌の広告なので数十万を費やしていますから、

成果がまったく上がらないというのは

かなりのショックだったと思います。
 
 

さらに、院長先生の報告は続きますが

長くなりましたので次回にさせていただきます。

 




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る