歯科医院の順調な経営のために大切なこと | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院の順調な経営のために大切なこと

(2015年7月13日 7:02 AM更新)

歯科助手として勤務してくれているKさんは短大を卒業してから10年以上歯科医院で働き続けています。

今年の春に松田歯科医院の求人検索に応募して、面接の際、開口一番にタイトルのような質問を投げかけてくれました。

Kさんが以前勤務されていた職場は、常勤歯科医師が院長一人である個人開業の歯科医院と歯科医師が院長以外にも勤務している大型医療法人の分院でした。

比較的多くの歯科医師の診療を手伝い、診断の方法、治療方法を選択する際の考え方、治療後の経過を学んできたKさんは採用の面接の際に年収、休み等の労働条件ではなく歯科医師としての姿勢を院長に尋ねてきたのです。

求人面接の最初に当院の理念を確認してきた人は、歯科助手・歯科衛生士を含めてKさんが初めてでしたので少々面食らいました。

幸い、松田歯科医院の理念と長中期的な目標は明確に設定されていますので、Kさんの質問には即座に答えることができました。

Kさんは「ホームページに書かれていることと同じですね」と安心した顔で返事をしてくれて翌週から勤務してもらうことになりました。

滅多にないことですが、過去の勤務状況と医院の治療方針を最初に確認するKさんの真摯な態度を信頼した結果、勤務して3ヶ月経たないうちに診療介助とカウンセリングを任せられる人材に育ってくれました。

あなたが歓迎したくなる人に集まってもらうには?

院長先生のクリニックに勤務されているスタッフと通院してくださる患者さんの顔を思い浮かべてください。

診療を行ううえでストレスを感じてしまうような方はいらっしゃいませんか?

院長先生が最善と考える診療方針・体制で運営できなければリスクを冒して歯科医院を開業した意味がありません。

歯科治療を進める際にスタッフや患者さんと意思の疎通がうまくいかない、方針が食い違うという問題が発生するのは御院の運営方針が周知徹底されていないことが主な原因です。     0927tokimeito

《 歯科医院増患セミナー開催情報 

院長が動かずにリコール率を20%アップする3つのポイント

このような問題で進展しない、あきらめてしまった経験はありませんか?

  • 患者さんに予防の重要性を説明したくても診療で忙しく時間が取れない
  • 説明を聞いて「次からは通います」と約束した患者さんが通ってくれない
  • 歯周病は治らないと患者さんが諦めている
  • リコールはがきを送っても患者さんが覚えていない
  • スタッフが予防歯科にやりがいを感じていない
  • 予防歯科で採算が取れるとは思えない
  • 都市部でなければ予防に興味を持つ患者さんがみつからない
  • システムの導入に経費がかかりすぎる
▼下記のお問合せフォームからご予約・お問合せ下さい。 お問合せフォーム

➡わたしの長年の悩みを解決したリコール率改善法をお伝えします。 松田歯科医院 院長 松田拓己

講師
松田拓己(松田歯科医院 院長)
日時
2015年9月27日()14:00~16:00(開場13:30) ※14:00にすぐセミナーを開始できるよう、13:50までに受付をお願いします。
会場
新潟市中央区笹口1-1プラーカ1の2階 駅南キャンパス「ときめいと」講義室B ※新潟駅南口直結 徒歩0分
対象・参加条件
開業後5年以上で歯科衛生士を雇用している歯科医院の歯科医師・スタッフの方
参加費用
1診療所につき 20,000円 ※スタッフの帯同は1名のみ可能です
ご予約・お問合せ
▼下記のお問合せフォームからご予約・お問合せ下さい。 お問合せフォーム

 




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る