『10年後も通い続けてくださる患者さんを増やす』 メールマガジン・バックナンバー1 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
『10年後も通い続けてくださる患者さんを増やす』 メールマガジン・バックナンバー1

(2016年10月30日 10:59 AM更新)

『院長が動かずにリコール率をアップする3つのポイント』

昨日、「歯科医院のリコール率改善マニュアル」をダウンロードするURLをお送りしましたが、ご確認いただけましたでしょうか?

従来のアプローチでは定期健診に継続して通院される患者さんの人数を増やすことができないと悩んでいる院長先生に突破口を見つけていただくために「リコール率改善マニュアル」を作成 しております。

ニュースレターの活用法に目を通していただくだけでも参考になると思われますので週末にお時間をとってお読み下さい。

ご質問、感想は当メールに返信していただくか、[ 歯科 増患.com ]公式サイトの問い合わせページからお送りください。
http://shika-zoukan.com/contact.html
メルマガの第一回目は院長先生が手間・時間をかけなくてもリコールに応じてくださる患者さんを増やすための3つのポイントをご紹介します。

 『院長が動かずに リコール率をアップする3つのポイント』

  • メンテナンスが必要な患者さん「全員」にリコールの間隔は3ヶ月以内と伝える
  • 患者さんにご自身の病状を正確に把握してもらうために「ストレス」の影響をできる限り排除する
  • 患者さんに受け身ではなく「自主的」に健康を管理してもらう

上記の3つのポイントがリコール率の改善を目指すうえで非常に重要になりますが、先生は違和感や疑問を感じられるでしょうか?

わたし自身も毎月リコールはがきをメンテナンスの対象となる患者さん全員に送付した結果、半分程度の人数しか来院されず残りの方は定期健診から脱落するのが当たり前だった時期には上の3項目はまったく理解できませんでした。

しかし、「院長が動かずにリコール率を改善する3つのポイント」を忠実に守って順番に実行したおかげで、現在のリコール率は90%前後で安定しています。

リコール率改善の効果は松田歯科医院だけではなく、コンサルティング先の歯科医院でも20~30%台の上昇を実現しており再現性は確認済みです。

明日からのメルマガではリコール率の改善方法を中心として、3か月先のアポイントがメンテナンスの患者さんで埋まっている歯科医院を実現するために役立つ情報をお届けします。

今なら無料メルマガ登録で「リコール率改善マニュアル」プレゼント!

『リコール率を小数点以下まで把握していますか?』

[ 歯科 増患.com ] を主催しております松田歯科医院の院長 松田拓己です。

先生はご自分の歯科医院に継続通院されるメンテナンスの患者数を増やすために、どのような努力・施策を打ってこられたでしょうか?

リコールはがき・接遇の改善、患者さんへの説明方法を工夫する等、まったく対策を行っていないという先生はいらっしゃらないと思います。

これらの対策は具体的に何名のメンテナンス患者さんを増やすことに貢献しましたか?

この質問に即答できる先生はかなり少ないはずですが、残念ながらそのままでは予防のために継続通院される患者さんを増やすのは困難です。

メンテナンスの増患対策で獲得できた患者数は、対策を打つ前と打った後の各月の定期健診対象者数とリコール率の上昇度が分かれば計算できます。

わたしがこれまでに相談を受けた院長先生方の中で、自院のリコール率を計算した経験がある方は極少数でした。

その際、多くの先生方からいただいた質問が「リコール率の計算方法が分からないのですが?」というものです。

リコール率の計算方法は原則として以下の式のとおりとなります。

(実際に来院した患者数)÷(メンテナンスが必要な患者数)= リコール率

もしも、先生が毎月のリコール率を計算されていないようでしたら、今月からすぐに始めてください!

毎月の診療報酬やレセプト枚数を把握することと同様に、メンテナンスに通っていただく継続率を正確な数字で認識することが貴院の患者数を増やし続けるためには必須です。

先生やスタッフの皆さんの努力で定期健診の患者数をどの程度の割合で増やせているのか?を「何となく」で片づけている限り、真に有効な対策を見つけることができません。

自信を持って「この方法を続けていけば毎月のリコール率は改善できる」と言い切れる方法が発見できれば、後は確実に成果の上がる対策を実行し続けるだけでメンテナンスの患者数は増えていきます。

明日は、多くの先生方からいただいた「リコール率の計算方法がわからない」という質問に潜む意外な落とし穴についてお伝えいたします。

『はがきを送るだけでリコール率が90%を超える歯科医院!?』

[ 歯科 増患.com ] を主催しております松田歯科医院の院長 松田拓己です。
前回のメルマガでは歯科医院における予防歯科の定着度を正確に把握する上で欠かせない、リコール率の正しい計算方法をお伝えしました。
 

 (実際に来院した患者数)÷(メンテナンスが必要な患者数)= リコール率

リコールはがき等でメンテナンスの時期を歯科医院からお知らせしても、成人のリコール率は50%前後にとどまることがほとんどです。

(小児を保護者が連れて来る場合はリコール率が高くなる傾向があります)

ところが、はがきでお知らせするだけで80~90%のリコール率があがっている歯科医院の院長先生から「メンテナンスの患者さんを増やす良い方法はありませんか?」と相談を受けることがあります。

「リコール率改善マニュアル」をお読みいただいた先生はお分かりのとおり、一般的にはがきでお知らせした内容に期待通りの反応が起こる割合は14~15%ですので、はがきだけで90%近いリコール率を達成できる確率は非常に低いのです。

さらに不思議なのは、リコール率は非常に高いのにメンテナンスの患者数が増えないことに悩んでいらっしゃることです。

そこで、「歯周病やカリエスのリスクを抱えており、メンテナンスが必要な患者さん全員にリコール時期をお知らせしていますか?」と質問してみました。

この質問に対するお答えは、「リコールはがきはメンテナンスを受けることを希望された患者さんだけに送っています」ということでした。

つまり、メンテナンスが必要であっても継続通院を希望されない患者さんにはリコールはがきを送っていなかったのです。

そして、こちらの歯科医院ではリコール率を下のように計算されていました。

(実際に来院した患者数)÷リコールはがきを送った患者数= リコール率

 

ご自身からメンテナンスに通いますと希望されている患者さんだけを対象にしていますので、口腔内にリスクを抱えている患者さんの人数よりも分母が小さくなりますから来院率が高くなるのは当然と言えます。

このような取り組み方では、はがきの枚数を節約しメンテナンスの必要性をお伝えするストレスは軽減されますが、大きな問題点が2つ生じてしまいます。

一つは、院長先生が抱えているメンテナンスの患者数が増えないという悩みが解消されるのはほとんど期待できないということです。

歯科に関して素人である患者さんに「痛みがなくなっても予防に来た方がよいですよ」とお伝えしただけで、メンテナンスの必要性を理解していただける頻度が非常に低いことは臨床経験を積んでいらっしゃる方ならお分かりのはずです。

わたし自身も歯科医師として四半世紀以上、開業医となって20年経ちますので身に染みています。

もう一つの問題点は、患者さんにお口の中のリスクをお伝えして適切なリコール時期にメンテナンスを行う「かかりつけ歯科医」としての責任を果たせなくなることです。

貴院に通ってくださるすべての患者さんにご自身の問題点を自覚していただき、お口の健康を守り続けることが専門家としての歯科医師が果たすべき役割です。

リコールの対象者は先生ご自身がメンテナンスが必要だと判断された患者さん全員に設定して、リコール率を計算していただくようにお願いいたします。

 メールマガジン



最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る