歯科医院の患者数を増やすニュースレターの作成手順 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院の患者数を増やすニュースレターの作成手順

(2016年5月22日 6:46 AM更新)

「メンテナンスの患者さんを増やせるニュースレターとは?」

2015年の6月以来、歯科医院の増患セミナーを地元の新潟や関東で関東で開催してきました。

一般的な「新規の患者さんをいかに増やすか?」というテーマではなく、治療が終わった後もお口が健康な状態を維持するためにできるだけ多くの患者さんが継続して通院される仕組みを構築することを重視した内容になっています。

メンテナンスの時期をお知らせして予防に通われる患者さんを増やすために、日本の歯科医院で使われている最もポピュラーなツールはリコールはがきで間違いないでしょう。

定期健診を促すリコールはがきを毎月お送りしても、半分程度の患者さんが来院されるだけというケースが多いようです。

つまり、リコール率は50%前後で頭打ちという歯科医院が大半ということです。

「歯科医院増患セミナー」では、リコールはがきの効果を高めるためにニュースレターを活用いただくことをお勧めしています。

ニュースレターを初めて発行される際は、患者さんの手元にできるだけ早くお届けすることを最優先してください。

患者さんがご自身の口腔内に抱える問題点を一日でも早く自覚していただくことが、予防を確実に続けるために重要だからです。

下に松田歯科医院が最初に発行したニュースレターを表示していますが、文字だけで構成されており患者さんの読みやすさはほとんど考えていませんでした。
newsletter_1st

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように図や写真もなく文字で埋まっている読みにくい体裁にもかかわらず、ニュースレターを初めて発行した月から通常50%前後だったリコール率が70%以上に改善しました!

これまでにリコール時期を患者さんにハガキでお知らせして、リコール率が50%前後にとどまっている歯科医院では、まず、「どんな形でも良いのでニュースレターを発行」してください。

これまでにセミナー等で院長先生方にニュースレターを発行すれば確実にリコールはがきの効果を高めることができますと繰り返しお伝えしていますが、実際にニュースレターを作られて患者さんにお渡しされたという先生はほんの一握りです。

日頃、先生が患者さんにメンテナンスの大切さを説明されている言葉を打ち込んでいただければ十分ですので、内容の完成度は一切気にせずにニュースレターを一日でも早く発行しましょう。




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る