歯科医院で定期健診の患者数を増やすためのルール | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院で定期健診の患者数を増やすためのルール

(2016年4月29日 4:27 AM更新)

歯科医院の過剰問題を先取り?

松田歯科医院を開業している新潟市は地方都市にも関わらず歯学部が設置されている大学が二校あり、世界的にも珍しいケースだといわれています。

大学を卒業した学生は一定の割合で母校の近くで開業しますので、全国に先駆けて新潟市歯科医師会では1990年代から歯科医院の過剰問題とその解決策が論じられてきました。

しかし、独占禁止法により開業規制を行うことは禁止されていますので、新潟市歯科医師会のホームページ等に歯科診療所の過密状況を告知する以外は具体的な対応策は見つかっていません。

そのため、マスメディアで歯科医院の経営不振等が取り上げられる時代になった後も新規開業は毎年続いています。

松田歯科医院は、新潟市内の歯科医院過剰が問題視され始めた時期に開業しましたが、開業直後の5,6年間は順調に患者数は増え続けていました。

しかし、ご多聞に漏れず周辺での新規開業の増加と年中無休の大型医療法人の進出によりレセプト枚数は10年ほどで1/3まで減少してしまいました。

歯科医院を継続できる最小限の患者数まで落ち込んだ際にメンテナンスの重要性を確実にお伝えすることを最重視して取り組んだ結果、レセプト枚数は開業以来最多の水準まで回復しました。

開業から約20年経過して、近隣の大型医療法人は相変わらず盛況で新規開業も続いており新患を増やすことは難しくなるばかりですが、メンテナンスのために松田歯科医院に継続通院される患者数は増え続けており予約は1ヶ月以上お待ちいただく状態です。

このように、周囲の歯科医院と新患を取り合う必要がなく、予防のために通院し続けていただくことで患者数を増やし歯科医院の運営を安定させるために、歯科医院増患セミナーでは次の3つのルールを詳しくお伝えしています。

http://shika-zoukan.com/seminer.html

『 松田歯科医院が定期健診の患者数を増やすために重視している3つの鉄則』

  1. メンテナンスが必要な患者さん「全員」にリコールの間隔は3ヶ月以内と伝える
  2. 患者さんにご自身の病状を正確に把握してもらうために「ストレス」の影響をできる限り排除する
  3. 患者さんに受け身ではなく「自主的」に健康を管理してもらう

患者さん自らメンテナンスを希望してもらう

歯科医院の増患対策セミナーやコンサルティングを行っていて驚かされることは、歯周病が進行していたりカリエスリスクの高い患者さんに対して定期健診の必要性を十分に伝えず治療を終了してしまう歯科医師がいらっしゃることです。

口腔内にリスクを抱えている患者さんに疾病の状況とその進行を食い止める方法をご理解いただくことは、歯科医療従事者の義務であるはずです。

「リスクの高い患者さんに定期健診で継続通院する必要があると説明しないことが多い」と仰る院長先生に理由をおうかがいすると、「痛いところ以外は治療しないでくれ、と言って来院される患者さんが多いので定期健診の話をするとうるさがられて嫌われてしまうからです」というお答えが返ってきます。

「嫌われるとしたらお互いに縁がなかったのだと覚悟を決めて、患者さんにとって必要なことを説明するのが歯科医療従事者の義務ではないでしょうか?」と質問をお返しすると

「わたしの開業している地域では人口に比べて歯科医院の数が多いので、経営のためには患者さんの機嫌を損ねて悪い評判が立っては困るのです」とお答えになります。

歯科医院の過剰問題が全国よりも10年早く問題視されていた新潟市で定期健診を最重視することで患者数を再び増やした事例をお伝えした後に、’経営のために定期健診の必要性を患者さんに伝えない’というご意見をいただくとわたしのセミナーの改善点を浮き彫りにされた気分になります・・・・

それはさておき、『 松田歯科医院が定期健診の患者数を増やすために重視している3つの鉄則』の第一のルールである

  1. メンテナンスが必要な患者さん「全員」にリコールの間隔は3ヶ月以内と伝える

を実践して歯科医院に定期健診で通院される患者数を増やすために、院長先生だけでなくスタッフの皆さん全員で共有して頂きたい情報をお伝えします。

お口の中にリスクを抱える患者さんに定期健診をお勧めした際に「わたしは今まで歯は丈夫な方で痛くなったこともないから、これからも悪くなるはずなんてありませんよ」と断られることは珍しくないと思います。

ここで検査値やレントゲンの所見等を繰り返し説明することはもちろん大切ですが、診療所の中で専門用語を使って話しても納得していただくことは難しい場合が多いですね。

年代別残存歯数

上の図は平成23年に厚生労働省が4.253名の対象者について行った歯科疾患実態調査の結果から作成したグラフです。
(同調査の資料は厚労省のHPからダウンロードできます)

4,000名以上の被験者の口腔内を精査した大規模な調査ですので、日本人の歯牙の状況を実態どおりに表していると考えて問題ないはずです。

40代前半と70代前半の残存歯数を比較すると、40代の平均指数は27.8本でほぼ欠損はありません。

しかし、70代では17.3本しか歯は残っておらず、10本以上の欠損が生じています。

歯科医院に勤務されている方ならば、10本以上の歯が抜けてしまえば義歯を使わざるを得なくなることは容易に予想できるはずです。

義歯を精密に作成して満足度を高める努力と技術は称賛されるべきですが、「入れ歯にだけはなりたくない!」と切実に願う患者さんが多いことも事実です。

日本人は横並びを好み、「人並みで十分ですよ」という言葉を聞くことも多いですが、「歯」に関しては平均値のままでいると入れ歯を避けられないという統計結果はお伝えすべきでしょう。

そして、定期的なメンテナンスを継続されることで歯を失うリスクを減らせることを確実に理解していただきましょう。

日頃、患者さんと接する中で「歯が悪くなった時だけ来院する患者さんは義歯になる割合が高いのでは?」と感じているスタッフさんが根拠のある説明を繰り返していけば、確実に定期健診に通われる方は増えていきます。

『 松田歯科医院が定期健診の患者数を増やすために重視している3つの鉄則』

  1. メンテナンスが必要な患者さん「全員」にリコールの間隔は3ヶ月以内と伝える
  2. 患者さんにご自身の病状を正確に把握してもらうために「ストレス」の影響をできる限り排除する
  3. 患者さんに受け身ではなく「自主的」に健康を管理してもらう



最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る