松田歯科医院が重視する人材育成のポイント 2 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
松田歯科医院が重視する人材育成のポイント 2

(2015年6月3日 6:42 AM更新)

前回の「松田歯科医院が重視する人材育成のポイント 1」では効果の高い人材育成の方法として”日報の提出”をご紹介しました。
一般的に『日報の意義』として上げられる要素は

①院内での情報共有
➁院長や先輩スタッフが適切なアドバイスをしやすくなる
③蓄積していけばマニュアルとして活用できる

厚生労働省から支給されるキャリアアップ助成金を申請する際には該当スタッフが日報を提出していることが条件に含まれています。

キャリアアップ助成金の概要

前回の「ポイント 1」では新人スタッフKさんが診療用ユニットに座った患者さんを横に倒すスイッチを押した後、上半身がゆっくりと下に下がって行く患者さんから目を離してしまうことを注意したエピソードをご紹介しました。

繰り返し注意しても頭部が下がっていく患者さんを見ようとせず他の作業をはじめてしまうKさんの様子に「いくら仕事が早くても院長の指示を守れないスタッフと診療を続けるのは難しいな・・・」とわたしは不満を感じました。

その日の診療後にKさんから送られてきた日報には 「患者さまが眩しいという ことに気付けず何回も院長先生に指摘を受けました。」 と記載されていました。
患者の頭部
わたしは「危ないので患者さんから目を離さないで下さい」とKさんには伝えていましたが診療用ユニットの無影灯の光が患者さんの目に入って眩しくならないように注意する、という意味に受け取られていたのです!

患者さんは背中の方に倒れていきますのでご自分の動く先はまったく見えません。 診療用ユニットの周りに有る機材・テーブル等が頭にぶつかりそうになっても危険に気づくことができない状態です。

床に近づく頭部に物が当たると危ない × ライトの光が目に入ると眩しい

診療用ユニットに座っている患者さんの上半身を後ろに倒す際、頭部に物が当たらないように気をつける必要性をKさんが理解できていないことには日報を提出してもらって初めて気づけました!

日報がなければお互いの誤解がわからないまま診療の介助を受ける状態が続きKさんに対する不満が脹らんでいったことでしょう・・・

最終的にはKさんがユニット上の患者さんに対して注意を怠っていることに腹を立てて怒り出していたかも知れません。

正直言ってゾッとしました。

『スタッフがどこでつまづいているか?』を把握できれば、後はこちらが理解してほしい事柄を分かり易く伝えることを考えれば問題は解決に向かいます。

翌日、他のスタッフに患者さん役で診療ユニットに座ってもらい頭に当たりそうな位置に作業台を置いた状態で上半身を後ろに倒しました。

当然Kさんはアシスタント役としてユニットの脇に立ってもらいます。

ゆっくりスタッフの頭部が背もたれと一緒に後ろに倒れて作業台と後頭部が近づいたところでユニットを停止させました。

Kさんは「あっ!」という表情で「院長先生が危ないと仰っていたのはこういう意味だったのですね」とつぶやきました。

この件以来Kさんはユニットが倒れている最中に患者さんから目を離すことはなくなりました。

個々のスタッフが数多くある院内業務の中で「どこに注目しているか?」「作業の意味をどのようにとらえているか?」診療時間中に確認することは困難で口頭で説明してもらっても曖昧さがつきまといます。

一日の業務のまとめとして日報を送ってもらうことは

・各スタッフが担当する業務内容への理解度を正確に把握できる

・スタッフが医院業務全体の中で特に注目する箇所=強みにつながる要素

を院長先生が把握するのに非常に有用です。

御院でもスタッフの皆さん、特に入社して日が浅いスタッフにはぜひ日報を提出してもらうことをお勧めいたします。

《 歯科医院増患セミナー開催情報 

院長が動かずにリコール率を20%アップする3つのポイント

このような問題で進展しない、あきらめてしまった経験はありませんか?

  • 患者さんに予防の重要性を説明したくても診療で忙しく時間が取れない
  • 説明を聞いて「次からは通います」と約束した患者さんが通ってくれない
  • 歯周病は治らないと患者さんが諦めている
  • リコールはがきを送っても患者さんが覚えていない
  • スタッフが予防歯科にやりがいを感じていない
  • 予防歯科で採算が取れるとは思えない
  • 都市部でなければ予防に興味を持つ患者さんがみつからない
  • システムの導入に経費がかかりすぎる
▼下記のお問合せフォームからご予約・お問合せ下さい。 お問合せフォーム

➡わたしの長年の悩みを解決したリコール率改善法をお伝えします。 松田歯科医院 院長 松田拓己

講師
松田拓己(松田歯科医院 院長)
日時
2015年9月27日()14:00~16:00(開場13:30) ※14:00にすぐセミナーを開始できるよう、13:50までに受付をお願いします。
会場
新潟市中央区笹口1-1プラーカ1の2階 駅南キャンパス「ときめいと」講義室B ※新潟駅南口直結 徒歩0分
対象・参加条件
開業後5年以上で歯科衛生士を雇用している歯科医院の歯科医師・スタッフの方
参加費用
1診療所につき 20,000円 ※スタッフの帯同は1名のみ可能です
ご予約・お問合せ
▼下記のお問合せフォームからご予約・お問合せ下さい。 お問合せフォーム

 




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る