歯科医院で行う定期健診の増患対策 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院で行う定期健診の増患対策

(2015年12月11日 6:55 AM更新)

歯科でリコール率を改善する方法

院長先生は何年前に開業されたでしょうか?

開業期間が長い先生ほど、ご自分が行われた治療の経過をご覧になってメンテナンスの重要性を実感されていると思われます。

修復・補綴治療の成果を長時間維持するためには当然のこととして、加齢とともに残存歯数が減ることを防ぎ患者さんに健康的な生活を送っていただくためには歯科医院で定期的なメンテナンスを継続することが重要なのは歯科医療従事者の間では常識です。

  1.リコールの間隔は3ヶ月以内にする 2.患者さんに予約日を決めてもらう 3.患者さんに病状を確実に自覚してもらう




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る