患者数が増え続ける歯科医院を手に入れる方法 | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
患者数が増え続ける歯科医院を手に入れる方法

(2015年9月11日 7:46 AM更新)

秋雨が降る日が続いており体調を崩される方が目立ちます。 「歯科医院増患セミナー」にご参加いただいた先生方、ご自愛ください。

歯科医院の強みにフォーカスしてウェブでの集患に成功した院長先生

 先日、歯科医院の患者数を増やすためにコンサルティングを受けていただいている院長先生とお会いしました。
 
3か月連続でニュースレターを発行されており、ご自身で発見された課題を解決するために素早く行動される院長先生です。

 
新潟市の中心部で開業されて、当初は患者さんが思うように増えず苦労されていたようですがホームページを中心としたウェブでの集患に成功して新潟県内外からの来院者でお忙しいそうです。
 
人口に比べて歯科医院数が過剰と言われている新潟市の中でも特に激戦区とされる地区で患者数を増加させて経営を安定するお手伝いができて非常にやりがいを感じています。

 
今後は予防のために継続してメンテナンスに通われる患者さんも増えるはずなので、新人の歯科衛生士を二名採用されてスタッフ育成に努められています。

 
最近は歯科衛生士の求人を出してもほとんど反応がないと相談されることが多いのですが、公共交通機関が集中しており通勤しやすい場所なのでスタッフの求人で苦労されたことは無いそうです。

 
予防歯科の重要性を患者さんにご理解いただきリコール率をさらに改善するために、ニュースレターを発行する回数をさらに増やそうと自ら発案される積極性には感銘を受けました。

 
院長先生からいただいた疑問点、問題点とわたしからのアドバイスをシェアいたします。

健康維持に役立つ知識をお伝えし、患者さんに親しみも感じてもらう

メンテナンスを継続するために患者さんの負担感を減らすことを重視して1回の来院で全顎のクリーニングを終了することを基本とします。

 
メンテナンスは基本的に「無症状の状態を維持する」ために行いますが、中には脱離やう窩、義歯の不具合等への対処を”ついでに”要求する患者さんも見られます。
 
従来、歯科医師が行う「治療」が最優先されてきたためにTBIを含む予防業務は歯科医院のスタッフ・患者さん双方から”おまけ”のように扱われてきました。
 
治療を終えた歯を含めた口腔内全体の健康を維持するためには定期的なメンテナンスが重要であり、特に補綴治療の予知性を高める上で必須だとしっかり認識していただくことが予防歯科の導入をスムーズにします。
 
「メンテナンスのため」に診療時間を確保して、「メンテナンスのため」に専任のスタッフを待機させることは若干のコスト増となりますが、御院が「患者さんの健康を守るため、真剣に予防に取り組んでいる歯科医院」であることを患者さんにお伝えできる強いメッセージとなります。

 
上記に加えて「メンテナンスのため」に専用の診療スペースを用意して歯科衛生士が使用する機材をグレードアップできれば予防歯科を重視されていることはさらに患者さんの心にひびくはずですが、先ず院長先生にはニュースレターをお渡しすることでリコール率は改善できると実感していただくことが重要です。

 
ニュースレターを継続してお渡しすることで御院と患者さんの距離は縮まり、院長先生の歯科診療にかける思いやお口の健康を維持したいという願いも確実に伝わります。

 
院長先生、スタッフの皆さんの人となりをお伝えする時間を診療室内で確保するのは困難ですが、患者さんに役立つ歯科の知識とともにニュースレターの記事に加えれば継続して通院していただく理由となる「親しみ」を得ることができます。

 
患者さんにメッセージをお伝えするツールとして院内新聞等をすでに作成されている場合は、説明用の資料とともに患者さんにお渡しすればニュースレターを新規に作成することなくコミュニケーションの回数を増やすことができます。

 
*松田歯科医院でリコール率を20%アップしたニュースレターを入手していただけます
≪院長が動かずにメンテナンスのリコール率を20%アップして増患につなげる方法≫
 

歯科衛生士のみで対応できる処置を増やす

メンテナンスを継続する患者さんの人数が増えてくると院長先生が行う修復・補綴治療と歯科衛生士が担当する予防処置の予約が並列して入るようになります。

 
メンテナンスの施術中あるいは来院時の患者さんからの申告で修復治療が必要だと判明した場合、運よく院長先生の手が空いているとは限りません。 次の予約の患者さんをお待たせしないためには必要最小限の対応を行い、う蝕治療は改めてアポイントを取り直すことになります。
 
通院が一回で終わることを患者さんは期待されているはずですので「歯科医師が治療を行う予約と歯科衛生士がメンテナンスを行う予約は別である」ことを事前にお知らせし納得していただくのが大事になります。
 
とは言え、できるだけ通院回数を減らせるよう事前に対策を考えておくことも重要です。
 
う蝕を治療する際には歯科医師が対応する以外ありませんが、歯周病の患者さんに高い頻度で生じるWSD(くさび状欠損)であれば歯質の削除は必須ではありません。
 
また、充填材料にコンポジットレジンではなくグラスアイオノマーセメントを用いればボンディング処置も必要なくなります。
 
つまり、歯科衛生士が単独でWSDの充填を完了できるのです。
 
3Mヘルスケアが販売している’クリンプロXTバーニッシュ’は光重合型のグラスアイオノマ一系知覚過敏抑制材で、従来のグラスアイオノマーセメントよりも審美性が高く操作性も良好です。

image「3Mヘルスケア」ホームページより

すでに導入済みの先生もいらっしゃると思いますが、歯科衛生士にWSDの充填を任せることが可能なのでメンテナンスと同日に処置を容易に完了することができます。

 
若干コストはかかりますが、一度お試しいただく価値のある製品だと考えております。
 
かかりつけの歯科医院で歯の大切さと予防の方法を有効にお伝えし健康な美しい歯で食事や会話を楽しみ続ける方が増えることを願っています。      



最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー



▶Blogトップへ戻る