歯科衛生士に自信を持ってメンテナンスを担当してもらうには? | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科衛生士に自信を持ってメンテナンスを担当してもらうには?

(2016年11月22日 6:36 AM更新)

 「患者さんのメンテナンスを続けていく自信がありません」

[ 歯科 増患.com] を主催しております

松田歯科医院の院長 松田拓己 です。

先生の歯科医院で最も勤続年数の長い

スタッフは、今年で入社何年目でしょうか?

様々な場所で歯科衛生士さんと話す機会

がありますが、歯周病の患者さんのお口の

健康を守るために適切なメンテナンスを

行えるのか?、若い衛生士さんほど不安に

感じているようです。

また、経験年数が長くても、アシスタント業務

を中心に働いてきた方はやはり同じような

悩みを持つことが多いようです。

歯周治療の経験とスキルを十分に持っている

先輩衛生士が新卒に現場で教えられる体制

が整っている医院であればこのような悩みとは

無縁でいられるかも知れません。

しかし、歯科衛生士は女性がほとんどですので

結婚・出産等による退職あるいは休職がついてまわります。

予防歯科に力を入れようと院長が決心しても

スタッフがスキルや知識に自信を持てないまま

では、患者さんの信頼を得られませんので

定期健診の定着は難しいでしょう。

休日を使ってセミナーに参加するようなやる気

のあるスタッフであれば、自力で成長してくれる

こともあり得ます。

ただし、その人に向いているセミナーを見つけて

研修し現場で活用できるまでには

年単位の時間が必要になるはず。

このように、後輩を指導できるベテランの歯科

衛生士がいない、あるいは臨床が忙しくて指導

に費やす時間が確保できない場合はどうやって

新人の成長を促せばよいのでしょうか?

ここで、「歯科衛生士の育成はわたしが行って

いけるので心配ない」と断言できる

院長先生はいらっしゃいますでしょうか?

大学卒業後に歯周病学の講座に残ってSRP等

の研鑽を十分に積まれた先生以外は、

自信をもって指導できるという方は

ほぼいらっしゃらないはずです。

また、Dr.が歯科衛生士に予防処置の指導をしても

成果はなかなかあがりません。

「歯科衛生士を一人前にできるのは、歯科衛生士だけ」

と言っても、言い過ぎではないのです。

それでは、やはりセミナーや教材で学んだDHが

自力で成長するのを待つしかないのでしょうか?

これまで上げてきた対処方法以外で、

フリーランスの歯科衛生士として実績を上げている講師を

診療室にお呼びして院内セミナーを開くのが

スタッフを短期間で確実に成長させるには非常に有効です。

見知らぬ参加者とともに初めて訪れた会場で

日常臨床とはかけ離れた内容の講演を聴いても、

自分のクリニックでは結局実践できなかった

という経験はほとんどの先生がお持ちのはず。

特に、スタッフだけが外部のセミナーに参加

してきても、院長が理解できていないことを

新しく取り入れるのはかなり困難。

(先生の医院では容易に導入できそうでしょうか?)

院内セミナーであれば、いつも診療している

ユニットと機材を使用して、同じ講義内容を

院長を含めたスタッフ全員が同時に聞くこと

ができます。

そして、診療室に足りないものや改善手順を

先生の医院に合った形で教えてもらえますので、

確実に予防型歯科医院へと成長可能。

このように、院内セミナーには多くのメリット

があるので、お勧めの研修方法ですが

開催する際にはいくつかの注意点があります。

投資した費用と時間を無駄にしないために

ぜひご理解ください。

今なら無料メルマガ登録で「予防型歯科増患法ガイドブック」プレゼント!

 

歯科医院のスタッフが最短で自信をつけられる方法

予防歯科を推進していくうえで、

歯科衛生士が自信を持って患者さんに接して

SRP,メンテナンス等の施術を行うのは必須のスキル。

 

技量が未熟なままでは十分に治療の効果を上げられない

だけでなく、患者さんとのコミュニケーションにも

悪い影響を与えますので、長期に通院していただくこのが

難しくなるためです。

 

若手を指導できるキャリアを持つ歯科衛生士が

院内に見当たらない場合、フリーランスの歯科衛生士を

講師として招く院内セミナーが有効である理由はお伝えしました。

 

ただ、講師にふさわしいフリーランスの歯科衛生士を

見つけるのは簡単ではありません。

 

自覚症状に乏しい歯周病の患者さんが長期間

通い続けるモチベーションを維持できるような関係を

構築できる人材はそう多くはないからです。

 

‘フリーランス’と言っても、単に人手が足りない

歯科医院を掛け持ちで回っているだけの歯科衛生士さんは、

自分自身のスキルや人間性で患者さんとの関係性を

構築しているわけではありません。

 

たまたま、勤務先の歯科医院が既存のスタッフで

見切れないくらい忙しいだけというケースが

非常に多いのです。

 

また、既存スタッフへの講話・技術指導を専門として、

長期のメンテナンス患者さんをほとんど抱えていない

場合もあります。

 

つまり、フリーランスの衛生士さんであっても

〇〇さんのメンテナンスを受けるためなら

歯科医院が変わっても通い続けます」と患者さんから

絶大な信頼を得られるような方でなければ、

若手スタッフに自信を与えられるようなセミナーは

期待できません。

 

松田歯科医院では10年近く前から院内セミナーを

毎年続けており、講師は一貫してフリーランスの

歯科衛生士である沢口由美子 先生にお願い

しています。

沢口先生の公式サイト:http://dh-sawaguchi.com/

 

沢口先生は長年フリーランスとして活躍されており、

より予防業務に理解のある歯科医院に提携先を何度か

変えておられますが、ほとんどの患者さんが転院されて

メンテナンスを継続されているそうです。

 

沢口先生の人柄はもちろんですが、

常に最新の予防歯科の知識をアップデートされており

経験と知識に裏付けされた施術を受けられる安心感が

多くの患者さんを引き付けるのでしょう。

 

沢口先生のホームページをご覧いただければわかりますが、

個人事業主として経営についても深い見識を備えて

いらっしゃいますので、院長先生の代弁者として

スタッフとの橋渡し役も果たしていただけます。

 

わたし自身も、言いづらい内容をスタッフに受け入れらる形で

伝えていただき大変助かりました。

 

もちろん、メンテナンスに通院される患者数を増やし、

口腔ケアグッズの販売を含めた予防歯科関連の売上も

右肩上がりが続いています。

 

もちろん、院内セミナーで教えていただく知識と技術は

その日から現場に導入できますので、スタッフは見る見る

スキルアップしました。

 

沢口先生のHPをご覧になって興味を持たれた先生は、

ぜひメールかお電話で相談されることをお勧めします。

 

先生のクリニックでも大きな成果が上がることを

期待しています。

今なら無料メルマガ登録で「予防型歯科増患法ガイドブック」プレゼント!

発行責任者:松田拓己 [ 歯科 増患.com]主催

発行者住所:〒950-2022 新潟県新潟市西区小針7-5-13 松田歯科医院

公式サイト:https://shika-zoukan.com/

Facebookページ:https://www.facebook.com/Dental-awakening-997471036935631/





『一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科』
 無料メールマガジン配信中!!

今なら、「増患型予防歯科」導入セミナー(全7回)無料で受講できます。

一ヶ月先まで予約が埋まる「増患型予防歯科」

地方都市新潟の郊外で開業している松田歯科医院が、3年間で254名の増患に成功し、一ヶ月先までアポイントを一杯にした増患型予防歯科の導入方法をメールセミナー限定動画でお伝えします。


「一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科」導入セミナーの受講を希望される先生は、メールアドレスをご記入後[セミナーを受講する]ボタンをクリックしてご登録下さい。



前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る