歯科医院の開業の成功率は? | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
歯科医院の開業の成功率は?

(2018年5月2日 9:56 PM更新)

歯科医院の開業の成功率は?

 

「先生の歯科医院は成功している、
と確信されていますか?」

こんな質問をされたら、先生はどのように
お返事されるでしょうか。

 

よくあるお答えとして
「他の歯科医院を比べたことがないので
分かりませんね。」があります。

 

世の中には歯科医院の開業成功率を調べた
調査があるとのことで、約50%の歯科医院が
成功しているそうです。

 

この数字を聞いて、安心されましたか?

 

わたしが気になったのは、この調査で
「成功」と「失敗」をどこで区別しているのか
明記されていないところです。

 

ただ、失敗の2大原因として
「院長先生の言動がしょっちゅうブレる」
「人の意見に耳を貸さない」
があげられていました。

 

確かに、組織のリーダーとしては望ましくない
と思われる態度ですよね。
(わたしは自分のことを言われているようで
急に反省モードに入ってしまいましたが)

 

言い訳ではありませんが、成功している
歯科医院の院長先生でも上の2つの行動をとる
方は珍しくないように思われます。

 

ここで、先生の周りで「成功している院長」を
何人か思い出してみて下さい。

 

皆さんにはどのような共通点がありましたか?

 

歯科医院の開業成功率を上げる方法

 

一般的に会社等の組織が「成功」しているか
判断する上では、総売上額や利益率等の
お金に関わる数字が使われますね。

 

院長先生が会計事務所等と経営状況について
相談される際も、医業収入や経費などの数字
を基にして検討するはずです。

 

税理士さんや会計士さんから、
医院経営を改善するための数値目標を聞いて
先生は即座に行動を起こす気持ちになりますか?
(わたしの心はほとんど動きません)

 

前段でも触れましたが
院長先生から見て「成功している先生」
のようになれるのなら、やる気がわきますよね。

 

院長先生にとって「成功」と感じられる状況は
医業収入が平均を上回ることでしょうか?

 

あるいは
・スタッフが医院の成長につながる行動を自発的に続ける

 

・治療に満足した患者さんの口コミで来院者が増え続ける

 

・医院のコンセプトに賛同するスタッフや患者さんが集まる

 

・先生の治療の価値を患者さんがしっかりと理解して下さる

 

・患者さんだけでなく、スタッフや家族からも歯科医師として尊敬される

 

のように、数字では計測するのが難しい要素が
大きな割合を占めるかも知れませんね。

 

開業医である先生からご覧になって
「成功している」と感じられる同業者が
平均以下の収入である可能性は低いでしょう。

 

先生が理想とされる状況をすでに実現している
方と直接話す機会をできるだけ増やしましょう。
(見学にお邪魔できればもっと良いですね)

 

ここで重要なのは、院長先生にとって「成功」
と感じられる状況を実現するまでに、
モデルとなる方が何を行ってきたのか?です。

 

すでに「成功」している医院の現在の姿を模倣しても

理想の状況を実現するのは困難になりますので

気をつけてください。

 

※開業歯科医の平均年収を表すグラフです

上のグラフを含む
歯科口腔保険・医療の基本情報(2015年度版)
のダウンロードはこちらから

 




最近、予約の電話がめっきり少なくなって、
数日先の予約が埋まらないのが不安な院長先生へ


先生が診療に専念している間に、スタッフが患者さんを毎月増やしてくれる
『増患型予防歯科』をご存知ですか

高額な機材、操作が面倒なソフトウェア、
時間のかかるカウンセリングは必要ありません。


今なら、無料メールマガジンへご登録いただくだけで、

1ヶ月先まで予約が埋まる
『増患型予防歯科ガイドブック』 が手に入ります。

1ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科ガイドブックをご希望される先生は、
メールアドレスをご記入後〔ガイドブックを受け取る〕ボタンをクリックして下さい。





前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る