無料ブログと歯科医院専用のブログはどちらが良いのでしょうか? | 歯科 増患.com公式ブログ

歯科 増患.com公式ブログ
無料ブログと歯科医院専用のブログはどちらが良いのでしょうか?

(2017年9月15日 4:19 PM更新)

無料Blogと独自ドメインのBlogは何が違う!?

 

集患やSEO対策におすすめのブログ運用ですが、今回は無料ブログと独自ドメインでの医院専用ブログの違いについてお話しさせて頂きます。

 

①無料ブログ

②独自ドメインのブログ

 

よくある無料ブログと医院独自のドメインで運用するブログと2通りあります。

無料Blogとは

アメブロ、FC2ブログなどといったブログ運営会社が提供している無料のBLOGです。

 

○アメーバBlog

https://ameblo.jp/○○○○○○○○○○/

 

といったように、URLのドメイン部分が、全てブログ運営会社のものとなります。

 

独自ドメインBlogとは

独自ドメインのブログの場合、

 

http://医院ドメイン/blog/

といったように、URLが医院ドメインになります。

 

他にも違いはありますが、このURLのドメイン部分の違いがSEOに大きく影響がでます。

 

 

なぜ独自ドメインBlogが良いか

 

SEO効果はドメイン単位で評価されます

Googleは被リンクやコンテンツの質など様々な評価指標で検索順位の評価をしていくわけですが、

その評価をする範囲(直接的に影響がある範囲)が、ドメイン単位となります。

 

ですので、幾ら無料ブログでがんばって記事を書いたり被リンクを獲得しても、医院のドメインではなく、ブログ運営会社のドメイン下のページとしてSEO評価がされていくことになります。

 

医院HPと同じ独自ドメインでブログも運用する事をオススメします。

 

SEO効果を出すためには、HPとブログのドメインを統一して集中することが効果的です。

コンテンツを増やすのも被リンクを獲得するもの、そんなに簡単ではありませんので、ドメインを分散せず集約することで最大限SEO対策の効果を得ることを狙っていきます。

 

医院HPと同じドメインでブログ運用ができない場合は

もし運用中の医院HPの制限で、医院HPと同一ドメイン下にBlogを設置できない場合は、将来統合するこを前提に別の独自ドメインで暫定的にブログを運用することをオススメします。

 

ここで無料ブログにしない理由ですが、独自ドメインで運用しておけば、将来ブログを引っ越して医院ドメインと統合する際に、これまでのSEO効果を引き継ぐことができるからです。

独自ドメインのブログの場合、旧ドメインから新ドメインへ301リダイレクトという設定をすることで、SEO効果をある程度引き継ぐことできます。

 

無料ブログの注意点

SEO効果を引き継げない

前項の通り、将来的にブログを引越したりする際にSEO資産を引き継げないということです。

無料ブログのブログ運営会社としては、広告収入を得るために無料サービスしているわけですので、やっと育ってきたブログを簡単に他へ引っ越しされてはたまりません。そのような背景もあり、301リダイレクトのようなSEOを引き継ぐような引越しはさせてもらえないのです。

 

ドメイン内での競争がある

検索結果に表示される同一ドメインのサイト数に上限があります。

この制限により、通常の検索順位の競争以外に、ドメイン内でまた別の競争が発生します。

大手ブログ会社を利用している場合は、その分競争相手が多いことになりますので、注意が必要です。

 

 

まとめ

 

医院様によってHPの運用状況はいろいろあると思いますが、

 

できれば

①医院HPと同じドメインでブログ運用をする

 

①が難しい場合は、

②医院HPとは別の独自ドメインで運用し、将来統合する

 

という運用をオススメさせて頂きます。

 

 





『一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科』
 無料メールマガジン配信中!!

今なら、「増患型予防歯科」導入セミナー(全7回)無料で受講できます。

一ヶ月先まで予約が埋まる「増患型予防歯科」

地方都市新潟の郊外で開業している松田歯科医院が、3年間で254名の増患に成功し、一ヶ月先までアポイントを一杯にした増患型予防歯科の導入方法をメールセミナー限定動画でお伝えします。


「一ヶ月先まで予約が埋まる増患型予防歯科」導入セミナーの受講を希望される先生は、メールアドレスをご記入後[セミナーを受講する]ボタンをクリックしてご登録下さい。



前へ:«
次へ: »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogメニュー


月別

▶Blogトップへ戻る